クレンジングの種類と上手な選び方

クレンジングとはメイクを落とすためのアイテムです。

 

洗顔の前にまずメイクを落としておくことで毛穴の汚れや古い角質などを落としやすい環境することが主な役割です。

洗浄力だけでなく肌との相性も大切

ファンケルマイルドクレンジングオイルクレンジング種類特徴

メイクは崩れないよう肌にしっかりフィットするように作られています。

 

そこで洗顔料ではなかなかうまく落とすことができず、クレンジングが必要なのです。

 

そんなクレンジングですが、肌との相性が大きなポイントとなっています。

 

その役割からいってもメイクをしっかり落とすことができる洗浄力が重要なのです。

 

その一方で洗浄力が強すぎると肌への負担や乾燥を加速させるといった問題が出てきます。

オイルタイプは洗浄力が高いが肌への負担も大きい

 

そこでメーカー側でも洗浄力と肌への影響のバランスをとるためいろいろなタイプのクレンジングを発売しています。

 

その内容や自分の肌質との相性もよく見極めながら選んでいく必要があるわけです。

 

クレンジングのタイプと特徴
オイル:優れた洗浄力に対してどうしても肌への負担が大きくなってしまう
リキッド:オイルより低刺激ながら洗浄力はしっかりしている液体タイプ
クリーム:厚みのあるテクスチャーで摩擦を軽減できる
ジェル:厚みがあり肌に刺激を与えない
ミルク:オイル分が少なく低刺激だが洗浄力は弱い

 

乾燥・敏感肌の方にも使える物が増えたためタイプが多様化

ファンケルマイルドクレンジングオイルクレンジング種類特徴

基本的にクレンジングとはオイルでメイクを肌から浮き上がらせて落としていくものです。

 

その為クレンジングといえばオイルクレンジングのことを指します。

 

オイルタイプは洗浄力に優れていますが、その分肌への負担も高いのがデメリット。

 

そのため乾燥肌・敏感肌や年齢肌を対象に、より低刺激で無理なくメイク落としができるタイプのクレンジング剤がいろいろと発売されるようになっているのです。

 

これがクレンジングの種類が多様化している最大の原因でもあります。

 

クリームタイプには保湿力に優れているものが多く、乾燥肌や年齢肌の方でメイクをしっかり落としたいという方に適しています。

ジェルには2タイプあり使い心地や刺激が異なる

ファンケルマイルドクレンジングオイルクレンジング種類特徴

それから近年増えているのがジェルタイプです。ジェルならではの洗い上がりの爽快感が魅力です。

 

ただこのタイプにはオイルが使われているタイプとオイルフリーのタイプがあります。

 

どちらを選ぶかによってかなり使い心地や肌との相性が変わってくるので製品内容をよくチェックしたうえで判断する必要があります。

 

洗浄力よりも低刺激を重視する人に向いているのがミルクタイプです。

 

オイル分が少なめで低刺激、乾燥肌・敏感肌の方でも使いやすいのが魅力ですが、その分洗浄力が落ちるのでしっかりメイクをしているときには落としきれないこともあります。

 

ですから選ぶ際には肌質だけでなくメイク環境も考慮したうえで洗浄力と低刺激のバランスがとれたものを選んでいくアプローチも欠かせないでしょう。

 

クレンジングの種類 特徴・向いている人
オイル

・洗浄力が高いが肌への刺激も大きい
・濃いメイクをしっかり落としたい、肌が丈夫な比較的若い年代向け

リキッド

・オイルに近い洗浄力があるが、肌への負担はオイルより少ない
・しっかりメイクを落としたいけど、できたら肌への刺激は少ない方が良い方向け

クリーム

・洗浄力もそれなりにあり、保湿力に優れている
・メイクをきちんと落としたい乾燥肌・敏感肌の方向け

ジェル

・爽快感のある洗い上がり
・オイルとオイルフリーの2タイプ
 →肌との相性や使い心地が異なるので、製品ごとの特徴を確認
 

ミルク

・最も低刺激だがその分洗浄力が弱い
・乾燥肌、敏感肌の人も使いやすい

 

 

オイルクレンジングのメリット・デメリット

オイルクレンジングはもっとも一般的なクレンジングのタイプです。

 

ですからオイルクレンジングがそのままクレンジング剤のイメージを形作っているといってよいでしょう。

洗浄力は数あるクレンジングタイプの中で最も優れている

 

もともとクレンジングとはオイルをメイクになじませてながら肌にフィットした状態から浮き上がらせて落としていくアイテムです。

 

ですから原則としてオイルが多く含まれている製品ほどメイクを落としやすく、クレンジング本来の効果に優れていることになります。

 

オイルクレンジングのメリット
・あらゆるクレンジングのタイプで洗浄力が最も高い
 →しっかりしたアイメイク、ウォータープルーフのアイテムでも落とせる

 

・毛穴の汚れを落とせるアイテムもある
 →しつこくこびりついて落ちにくくなっている毛穴に詰まった角栓や、ざらつきもオフできる

ファンケルマイルドクレンジングオイル特徴メリットデメリット
オイルクレンジングは「メイクを落とす」という点に関してはもっとも優れている選択肢といってよいでしょう。

 

メイクはテカリや毛穴落ちなどの崩れを起こさないことが大きな課題であり、そのための工夫が施されたファンデーションや化粧下地が発売されています。

 

そうしたアイテムを使えば使うほどメイクが長持ちする一方でクレンジングで落としにくくなってしまうわけです。

 

日中にメイク崩れを起こさないよう心がけている人ほどオイルクレンジングが必要になるともいえます。

 

また毛穴の汚れを落とせるアイテムは、メイク落としだけでなくスキンケアの一環としても役立てることができるわけです。

刺激が強く乾燥肌・年齢肌には不向き

 

オイルクレンジングのデメリット
・肌への刺激が強い
 →皮脂膜に必要な皮脂やセラミドまで洗い流してしまう恐れもある

 

・メイクを馴染ませるために、指で肌を擦り摩擦の刺激をもたらしてしまう

 

ファンケルマイルドクレンジングオイル特徴メリットデメリット

このように洗浄力の高さが評価できる一方、やはり刺激の強さが気になります。

 

洗浄力が強すぎるために使用後にツッパリ感やカサツキに悩まされることも多いのです。

 

クレンジングの後には洗顔も行うわけですから、W洗顔のダメージで乾燥がどんどん加速してしまう恐れも出てきます。

 

こうした点が乾燥肌・年齢肌には適していないといわれる最大の理由でもあり、自分の肌質にあっているかどうか、

 

無理なく毎日のメイク落としに使えるかどうかをよく吟味しながら判断することが求められています。

 

洗顔料とのバランスも踏まえたうえで洗い上がりの感触をよく見極めたいところです。

 

オイルクレンジングのメリット・デメリットのまとめ

 

メリット

・洗浄力が高いので、濃いメイクやウォータープルーフのアイテムも落としやすい
・毛穴の汚れも除去できるものもあり、スキンケアの一環としても利用できる

デメリット ・肌への刺激が強いので、肌が乾燥したりつっぱりやすい

 

クリームクレンジングのメリット・デメリット

クリームクレンジングはその名前の通りクリーム状をしており、厚めのテクスチャが大きな特徴です。

 

そのためオイルクレンジングやリキッドクレンジングに比べてメイクを落とす際に指で肌を擦らずに使いやすい点が大きなメリットとなっています。

乾燥予防の為に保湿成分が配合された物も

クレンジングの問題点はアイテムそのものの負担だけでなく、洗う際の摩擦が肌に大きな刺激をもたらしてしまう点にあります。

 

オイルクレンジングとリキッドクレンジングはまさにこの難点を抱えてしまっているわけです。

 

クリームクレンジングのメリット
・テクスチャが厚めで指で擦らなくてもメイクになじませやすい
 →摩擦の刺激を避けながら洗いやすい

 

・保湿力に優れたものが多く、しっとりとした洗いあがりになる物もある
 →乾燥肌・敏感肌、年齢肌の方でも安心

 

ファンケルマイルドクレンジングオイルクリーム特徴メリットデメリット

保湿力や洗い心地は製品によって違いが見られ、保湿目的に保湿成分を配合している製品などもあります。

 

洗浄力が強いクレンジングを使うとメイク汚れだけでなく皮脂膜に必要な皮脂やセラミドなども一緒に落としてしまい乾燥が加速してしまう恐れがあります。

 

乾燥が気になる方はむしろ保湿力を最優先に製品をチェックしてみるとよいかもしれません。

 

ほかには普通のクリームと同じようにマッサージしながら肌になじませることで、血行改善やターンオーバーの活性化といった効果が期待できる点もメリット。

 

マッサージの際はあまりやりすぎると摩擦の刺激が負担になってしまうので注意が必要です。

 

クリームタイプのデメリット

・オイルクレンジングやリキッドクレンジングに比べてメイクが落ちにくい
 →メイクを馴染ませようと時間をかけすぎて、逆に肌への負担が大きくなってしまう恐れ

 

・保湿力やしっとり感をべたつきと感じる事も
 →さっぱり感が好きな人には不向き、すすぎに時間がかかる

 

いくら低刺激でもメイクをしっかり落とせないのでは意味がありません

 

また保湿力や洗い上がりのしっとり感と背中合わせの問題ですが、ベタつきが気になる面もあります。

 

この点は好き嫌いがあるのでしっとり感ととるかベタつきととるかで評価が分かれますが、さっぱりとした使い心地が好きな人は注意しておく必要があるでしょう。

 

クリームタイプのメリット・デメリットのまとめ

メリット

・テクスチャーが厚めなので、肌への摩擦を軽減できる
・オイルやリキッドに比べ、肌の保湿力が維持されやすい
・メイクオフとマッサージを同時に行って、ターンオーバーを促進できる

デメリット

・洗浄力はオイルやリキッドに比べると弱い
・しっとり感をべたつきと感じる事がある
・濯ぎ時に時間がかかる

 

ジェルクレンジングのメリット・デメリット

いろいろなスキンケアアイテムでジェルタイプが人気を得ていますが、クレンジング剤でも多くのメーカーから発売されています。

 

そしてその特徴・メリットもさまざまなジェルタイプのスキンケアアイテムと共通しています。

オイルとクリームの中間のようなさっぱりした使い心地

ジェルタイプと言われて多くの人は爽快感のある使い心地を連想するのではないでしょうか?

 

クレンジングタイプでも同様で、ひんやりとした感触の心地よさと洗いあがりのさっぱり感を魅力として備えている製品が多く見られます。

 

ジェルクレンジングのメリット
・爽快感のある使い心地

 

・独特の厚みと弾力のあるテクスチャ
 →肌を擦ってしまうのを避けながら洗っていくのに非常に適している

 

ファンケルマイルドクレンジングオイルジェル特徴メリットデメリット

オイルタイプのようにヌルヌルしない、クリームタイプのように洗い上がりがベタつくこともない、ジェルタイプならではの爽快感を好む人が多いのです。

 

またこうしたジェルタイプの特徴は使い心地だけに留まらすクレンジング剤ならではのメリットとも深くかかわっています。

 

まずが肌に負担をかけない点。クレンジングはメイクによくなじませて肌から浮きあがらせて落としていくのが原則です。

 

そのためどうして肌を擦って落とさなければならず摩擦の刺激が大きな負担になってしまうことも少なくありません。

 

オイルクレンジングとリキッドクレンジングはこの点が最大の問題点といっても言いすぎではないでしょう。

 

落ちにくいメイクには洗浄力の強い油性タイプを

ジェルクレンジングのデメリット
・オイルクレンジングに比べると洗浄力が一歩劣る
 →しっかりメイクを落とす時は摩擦を与えてしまう場合も

 

・オイルの配合量でタイプが分かれる
 →肌質や洗浄力に合わせたものを選ばないといけない

 

落ちにくいメイクであればあるほどメリットよりもデメリットの方が大きくなってしまう危険性が出てきます。

 

それからメリット・デメリットとは別に注意点もあります。ジェルタイプとひと口にいってもオイルの配合量によって油性・水性・オイルフリータイプの3種類に分けられるのです。

 

洗浄力を重視するなら油性、低刺激を重視するなら水性・オイルフリータイプを選ぶなど同じジェルタイプでも目的に合わせて選ぶ基準が異なってくるわけです。

 

ファンケルマイルドクレンジングオイルホット特徴メリットデメリット

当然メリット・デメリットにも違いが出てきますから、製品ごとの特徴やメリット・デメリットをよく見極めながら選んでいく難しさもあります。

 

うまく使いこなせれば肌に負担をかけずに心地よく使うことができるタイプです。

 

このタイプの特徴をよく踏まえながらひとつひとつの製品を細かくチェックして入念に選んでいくようにしましょう。

 

ジェルクレンジングのメリット・デメリットのまとめ

メリット

・爽快感のある独特の使い心地
・テクスチャーに厚みがあるので、オイルやリキッドに比べて肌への摩擦が少ない

デメリット

・オイルやリキッドに比べて洗浄力が劣るので、落ちにくいメイクでは肌を擦る可能性がある
・油性、水性、オイルフリーの3タイプあるので、自分に合ったものを選ぶようにする

 

シート(ふき取り)クレンジングのメリット・デメリット

シート(ふき取り)クレンジングは他のクレンジング剤に比べて異色のタイプといえるでしょう。

 

一部のクリームクレンジングを除くと通常のクレンジング剤は洗い流すことが大前提。

外出先でも手軽にメイク直しが出来る

 

シート・ふき取りクレンジングのメリット
・携帯しやすく狙ったポイントだけメイクが落とせる
 →場所を問わず簡単にメイク直ししやすい
   夜遅い帰宅でも手間をかけずクレンジング出来る

 

ファンケルマイルドクレンジングオイルシート特徴メリットデメリット

それに対してこのシートクレンジングは拭き取るだけでメイクを落とすことができるのです。

 

ただその一方でデメリットも多く使い方が難しい面も持ち合わせています。

 

このタイプはあらかじめシートにクレンジング剤をしみこませており、それでメイクをした部分を拭き取るだけで落としていくことができます。

 

たとえば外出先で化粧直しが必要になったとき、化粧室でオイルクレンジングやクリームクレンジングを使うのは無理があるものです。

 

また直したい部分だけメイクを落とすといったこともなかなか難しいもの、しかしこのシートタイプのクレンジングならそれが簡単にできます。

 

メイクを落としたい・直したい部分にだけシートで拭き取ればよく、洗い流す必要さえもないわけですから手軽にメイクを直すことができるわけです。

 

ファンケルマイルドクレンジングオイルシート特徴メリットデメリット

化粧直しだけでなく、旅行の際にも重宝します。

 

荷物をあまり多くしたくないときには軽くて携帯にも適しているシートクレンジングはピッタリ。

 

また仕事や飲み会などて夜遅く疲れて帰宅したときにはなかなかクレンジングをしっかり行う余裕をもてないものです。

 

そんなときにもシートクレンジングなら手軽に落としてベッドに直行することができます

 

こうした使い勝手のよさの面で他のタイプのクレンジングにはない非常に大きなメリットを備えているわけです。

 

一方でデメリットも大きいのが特徴です。シートで拭き取る以上、どうしても肌に摩擦の刺激が加わってしまいます

日常的に使うよりシチュエーションに合わせて使う

 

シート・ふき取りクレンジングのデメリット
・摩擦による肌への負担が大きい
・メイク全体を落とすには時間と手間がかかる

 

ファンケルマイルドクレンジングオイルシート特徴メリットデメリット

他のクレンジングではいかに摩擦の刺激を軽減できるかが評価の基準

 

この点を考えるとこの点は大きなデメリットと言わざるを得ません。

 

また拭き取りタイプで洗い流す必要がないのは手間がかからない点ではメリットです。

 

しかしすみずみまでしっかり落とすのが難しい点ではデメリットになります。

 

シートでメイクをした部分全体をくまなく拭き取って落とすのに時間と手間がかかってしまう面もあるでしょう。

 

こうしたメリット・デメリットを見るとこのシート(拭き取り)クレンジングは日常生活での使用よりも旅行や化粧崩れなど特別な機会に使うの適したタイプともいえます。

 

向き・不向きというよりもこのタイプを使うシチュエーションが自分にあるかどうかを見極めながら判断する必要がありそうです。

 

メリット

・拭くだけでメイクが落とせて、洗い流す必要ない
・携帯しやすいので外出先でもメイク直ししやすい
・崩れが気になる所だけメイクオフできる
・しっかりクレンジングする時間や体力がない時もメイクが落とせる

デメリット

・拭き取る際に肌に摩擦を与えてしまう
・ポイント使いは良いが、全体を落とすには時間も手間もかかる

 

ホットクレンジングのメリット・デメリット

比較的新しいクレンジングの選択肢がホットクレンジングです。

 

「ホット」という言葉が使われている通り、肌を温めながらメイクを落としていく作用を備えているのが大きな特徴となっています。

肌を温める事で毛穴が開いて汚れが落ちやすくなる効果が

このクレンジングを肌に塗付するとじんわりと肌が温まる「温熱」効果が得られます。

 

その状態でメイクを落としていくことでいろいろな効果が得られるのです。

 

ホットクレンジングのメリット
・肌が温まって毛穴が開きやすくなる
 →角栓や詰まった汚れを落とせて、ニキビやざらつきもケア
   ターンオーバーの活性化と血行を改善する効果も
   スキンケアの有効成分が浸透しやすくなる

 

ファンケルマイルドクレンジングオイルホット特徴メリットデメリット

毛穴の汚れは洗顔料でもなかなか落とすのが難しいもの。

 

しかもそれが毛穴の黒ずみやニキビ、ザラツキなどの原因をもたらします。

 

そんな厄介なトラブルをホットクレンジングなら温熱効果で毛穴を開きながら洗っていくことでじつに効果的に解消していくことができるのです。

 

毛穴の悩みを抱えている方にとってはメイクを落とす効果よりもこちらの方が大事なメリットになるのではないでしょうか。

 

肌を温めることでほかにもさまざまな効果が得られます。

 

老化によるターンオーバーの乱れや血行不良はくすみやカサつき、ゴワつきなどの問題を引き起こします。

化粧水や美容液でのケア効果がアップ

ファンケルマイルドクレンジングオイルホット特徴メリットデメリット

その状態にクレンジングを行うとますます乾燥が加速したり、肌荒れなどのトラブルを抱えやすくなってしまうものです。

 

しかしホットクレンジングならそもそもの原因であるターンオーバーの乱れや血行不良を改善。

 

クレンジングの負担を減らすだけでなく肌環境の改善効果も期待できるわけです。

 

角質の蓄積によるくすみやザラツキが気になっている方にはとくにありがたいメリットになるでしょう。

 

もうひとつ見逃せないのが肌が温まることで有効成分が浸透しやすくなる点です。

 

これはクレンジングよりも化粧水や美容液でのケアの際に大きな役割を発揮します。

 

クレンジングだけでなくスキンケアの一環としても

ファンケルマイルドクレンジングオイルホット特徴メリットデメリット

肌が硬くなってなかなか思うように化粧品が浸透せずに悩んでいる方にも適しているわけです。

 

このようにクレンジング剤としてだけでなくスキンケアアイテムとしても優れたメリットを備えている点が注目を集めている理由です。

 

ホットクレンジングのデメリットとしてはまず選択肢が少ないことが挙げられます。

 

増えてはいるものの、まだまだ市場で売られている製品の数は限られています

 

他のタイプに比べて狭い選択肢の中から選ぶ必要があるので自分に合ったアイテムを見つけられるかどうか未知数なのです。

 

さらに炎症が進んだニキビに使用すると悪化させてしまうリスクも報告されています。赤ニキビを抱えている方は避けたほうが無難でしょう。

 

ホットクレンジングのメリット・デメリット

メリット

・毛穴に詰まった角栓や汚れをオフしやすく、ざらつきやニキビの改善に繋がる
・ターンオーバーや血行も改善して、くすみ・かさつき・ごわつきをケア
・その後のスキンケアの有効成分が浸透しやすくなる

デメリット

・販売数や種類が少ないので、自分に合ったものが見つけられない場合もある
・炎症が進んだニキビを悪化させてしまう可能性